旅行記 金沢市 アウトドア・スポーツ体験 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
金沢市の旅行記【アウトドア・スポーツ体験】

金沢市の旅行記
金沢・松任 ,新高齢者時代の80歳【6】人生の原点を探った卓球部経験
金沢市の地域
金沢・松任
金沢市への旅行者
ソフィ
金沢市の旅行時期
2010/07/22~" . 2010/07/22
旅行テーマ 【アウトドア・スポーツ体験】

新高齢者時代の80歳【6】人生の原点を探った卓球部経験

第四高等学校に入学して、最初に先生から伺った話には、正真正銘びっくりしました。 「これまでに学んできたことからは一度離れて、白紙で人生を考え直せ」 「君たちはこれからいかに生きるか、何のために勉強するのか、それを考えることがこの学校に入った目的なのだ」 四高は16歳の若さで表裏の経験が出来る学校として、大阪からの受験者も多数おりました。 喫煙、飲酒、買春など、大人とまったく同じ扱いで、自由なのです。 街の人が四高生を見る目は、信頼と温かさに満ちていました。 校是は「超然」、運動部のスローガンは「死ぬまでやろう」。 ここで四高の代表的寮歌「北の都」を歌います。 「北の都に 秋たけて われら二十歳の数う 男おみなの住む国に 二八に帰るすべもなし」 突然急に自己責任100パーセントの社会に投げ出された私は、何をやっていいのか戸惑いました。 先ず過去から離れることと考え、学業から距離を置きながら、マージャンに熱中します。 四高は一年生全寮制でしたが、この時代(1947年)は寮の食べ物がなくなり、6月から9月まで休校となりました。 私はほぼ四カ月間、朝から夕刻まで毎日10荘雀卓を囲みます。 秋になって初めての試験があり、成績は落第点が幾つもある、みじめなものでした。 ちょうどそのころ「卓球部に入らないか」との誘いがあり、マージャンを卓球に切り替えました。 四高の卓球部は、占領軍による柔道、剣道の禁止方針を受けて、道場である「無声堂」を根城に創設されましたが、私が入部したのは創部二年目。 まだ対校戦には一度も勝ったことがない、全く新鮮で未熟な部でした。 私は入部時の目標として「団体戦全国制覇」を提案しました。 とんでもない高い目標ですが、目標は高い方が良いと勝手に言い出したものでした。 インターハイまで10カ月、特徴のあるサーブ、県でトップクラスのスマッシュ、そして何よりもピンチに強い精神力。 練習時間だけでなく、練習密度を濃くするために、重点強化点を決めました。 私にとって初めてであり、最後でもあったインターハイでは、松山(四国)、甲南と勝利を重ね、前年準優勝の浪高に破れますが、私は浪高戦で関西新人ナンバーワンに勝ち、全国制覇に準じた成績を挙げたと評価しております。 この浪高戦で私が負けかかっていた流れを変え、劣勢を跳ね返した、この数分の精神集中は、80年の人生の中での最高点だったかもしれないと思います。 1968年ウィーンのシェーネンブルグ宮殿で世界会議の冒頭基調演説をやって時も、「この浪高戦に比べれば」と考えるだけで、平常心でやれました。 卓球部での試合経験は、自分の限界を知り、広げた、何事にも増して重要な機会だったと思います。 そのおかげで、ある意味で、人間の原点に戻れたのではないでしょうか。 スポーツは人生の模擬経験機会として、とても貴重な存在と考えます。 写真は「ソフィーさんのマイページ」(訪問54カ国、文章1,590件 写真6,770枚)、 http://4travel.jp/traveler/katase/ スイスの写真が美しい「片瀬貴文さんのマイページ」(文章625件 写真2,400枚) http://4travel.jp/traveler/takafumi/ ブログの作成日順に並んでいる「片瀬貴文の記録」(文章1,650件) http://blog.alc.co.jp/d/2001114 (片瀬貴文 79歳)
金沢市の旅行記
金沢・松任 ,金沢までボウリングをしに・・
金沢市の地域
金沢・松任
金沢市への旅行者
コニ君
金沢市の旅行時期
2009/05/03~" . 2009/05/03
旅行テーマ 【アウトドア・スポーツ体験】

金沢までボウリングをしに・・

PCを通じて オフ会という名目で ボウリング大会が金沢であったので 参加してきました。 GWまっ只中と言うことで、 往復とも、いい時間に出たつもりでも 渋滞に巻き込まれ いつもより少し時間がかかりました。 今回も、なんの観光もなく 金沢発の「チャンピオンカレー」さんに 寄ったぐらいです。
金沢市の写真
金沢市の旅行記 今回使われた ボウリング場 金沢市内にある ...
金沢市の写真
金沢市の旅行記 久しぶりに ノーミス出ましたが・・ ストライ...
金沢市の写真
金沢市の旅行記 超有名どころ 実は、僕の場合は、 CoCo壱...
金沢市の旅行記
金沢・松任 ,片瀬貴文の卓球記【07】絶対に勝とうとする強い意志
金沢市の地域
金沢・松任
金沢市への旅行者
ソフィ
金沢市の旅行時期
2006/10/21~" . 2006/10/21
旅行テーマ 【アウトドア・スポーツ体験】

片瀬貴文の卓球記【07】絶対に勝とうとする強い意志

2006年10月21日(土) 精神力については、まず絶対に勝とうとする意欲を、強く持ち続けることと考えた。 「実力を発揮するには、勝負にこだわらずに、無欲になれ」 と一般に言われているが、私は逆に、勝負に徹底的にこだわろうとしたのだ。 そうしない限り、ここ一番の大勝負には勝てっこない。 心を引き締めるほど、集中を高め、かつ心身が活発になるように、自分を鍛えようにした。 そうなれば、試合において、いかに自分を緊張させるかが課題となる。 これは日本における常識と反するが、私の経験では、この常識は間違っている。 常識を変えれば、もっとオリンピックのメダルは増えるだろう。 最近「大試合を楽しもう」という気風が流行しており、これもリラックスを第一と意識する段階より一歩進歩した、集中することのひとつの方法だろうが、ベストではないと考える。 リラックスは、心身の反応速度を速めるために必要である。 しかし、緊張とリラックスは相反しない。 緊張を高めるほどリラックスできるように、成長すればいいのだ。 この緊張度には、リズムが必要と考える。 重要な局面で、緊張度を高めることが望ましい。 そのためには、緊張度を調節できる修行も必要である。 局面のあまり重要でないときに、緊張レベルを低くしておくことで、いざというときの緊張レベルをより高くする。 この一番で、緊張度を最高に高めるのだ。 そのようにすれば、試合の流れに粘りが出てくる。 絶対に取るべきポイントでは、緊張度を最高に高め、絶対に取る。 まさにスポーツは、人生の修行そのものとわきまえる。 試合に勝つためには、自分に勝つことが第一歩なのだ。
金沢市の旅行記
金沢・松任 ,第四高等学校卓球部【06】極貧だが夢と情熱があふれていた時代
金沢市の地域
金沢・松任
金沢市への旅行者
ソフィ
金沢市の旅行時期
2006/10/21~" . 2006/10/21
旅行テーマ 【アウトドア・スポーツ体験】

第四高等学校卓球部【06】極貧だが夢と情熱があふれていた時代

2006年10月21日(土) 秋空の真っ青に輝く金沢に、第四高等学校卓球部の面々が集い、60年前の回顧談が続く。 1947年(昭和22年)10月、入部して早々に考えたのは、コーチ探しだった。 早速新聞で知った石川県選手権個人優勝の前多さんを自宅に訪ね、コーチを懇請する。 「一度行ってみましょう。しかしコーチは時間がなくて無理です」 とのことで、コーチの依頼は諦める。 しかし一度だけでもこの人の卓球を見たことは、非常に大きな収穫だった。 県の最高レベルを、目の当たりに見ることが出来たからである。 当時は、テレビやビデオなどはなく、生きた見本が唯一の手本だった。 私は、まぶたに焼きついたこの人の華麗なフォームを、寝ても覚めてもくり返しイメージした。 食糧難との戦いも、筆舌に尽くせないものだった。 練習を終えて暗くなった家路をたどる私は、空腹の極でまさに千鳥足、玄関に倒れこむ有様である。 しかし、いかに練習を繰り返しても、腕は一朝一夕には上がらない。 一向に上達の兆しが見えないまま、練習開始後二ヶ月で、秋の大学高専個人戦に出場した。 結果は一回戦0(5-21 7-21)2で、惨めな敗北を喫した。 このときに気づいたのは、まず精神力の大切さだった。 それから、一つでいいから、誰にも負けない絶対的な技を持つことである。
金沢市の旅行記
金沢・松任 ,秋空の金沢を訪ねて【05】足の皮がむけた練習
金沢市の地域
金沢・松任
金沢市への旅行者
ソフィ
金沢市の旅行時期
2006/10/21~" . 2006/10/21
旅行テーマ 【アウトドア・スポーツ体験】

秋空の金沢を訪ねて【05】足の皮がむけた練習

2006年10月21日(土) 心地よい酔いとともに、話の花が咲く。 靴がないので、はだしだった。 皮やゴムは1939年(昭和14年)ころより「統制品」となり、靴は店先から消えていた。 戦後の闇市で運動靴は出回ったが、値段が高い上、質が悪く、われわれには高嶺の花である。 1950年(昭和25年)の春、近くの履物店に「運動靴入荷予定」と貼り紙があり、それを見て世の中が明るくなった記憶がある。 1947年(昭和22年)全国紙に、「はだしで歩く四高生」なる写真が、出たことがあった。 それを見た三重県の女学生が、手作りのわらじを送ってきた。 校長が恥ずかしいと考えて、「そのようなことをするな」と訓示したが、学生たちはそうした意見を馬鹿にした。 外見より、中味が大切ではないか。 そもそも履物が買えない実生活を、校長は知っていないと、学生たちは考えた。 素足で毎日五時間も練習すると、足の裏がやられて、皮がむけて来る。 皮はだんだん薄くなり、痛い。 鍛えることにより、足の裏の皮が厚くなると思っていたのは、間違いだった。 冬になれば、足の裏にしもやけができて、地図のような水泡の模様が見える。 アフリカになったり、南米になったり、形が色々変わる。 しかし与えられた環境の中でも頑張るだけで、へこたれる暇がなかった。 試練は多いほど、有難いとさえ思った。 インターハイまでの残された時間は、10ヶ月を切っている。 「今こそ自分の限界を知るための、貴重な機会なのだ。」 そのように考えて、毎日が素晴らしく充実していた。 誰にも強制されず、自分の責任と創造で生きる人生は、最高に楽しかった。 この年わが四高では、自殺者を8人数えた。
金沢市の写真
金沢市の旅行記 尾山神社の山門 この神社は私の通学路だった ...
金沢市の写真
金沢市の旅行記 尾山神社の山門はオランダ風で 昨年大修理されたばか...
金沢市の写真
金沢市の旅行記 この道は 四高の運動場だった 運動場は広くて...
金沢市の写真
金沢市の旅行記 四高の西側「旧仙石町」通り
金沢市の写真
金沢市の旅行記 四高のグランド跡は 「中央公園」になっている ...

旅行のクチコミサイト フォートラベル
金沢市  アウトドア・スポーツ体験 の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /